困ったー[株編]
【株式】QRコード関連銘柄は?

【株式】QRコード関連銘柄は?


投稿日:2017/08/21 11:38
更新日:2018/06/09 11:21
文字の目安:4791
中国では決済サービスがどんどん町中へ進出している印象です。その原動力の一つがQRコード画面の読み取り機能です。
日本ではまだまだ現金決済が主力です。これが今後QRコード決済などに置き換わるとすれば、市場の大きさにも期待できます。




1 QRコード決済が主流になる?

Your smart phone wants to see our beer list
Your smart phone wants to see our beer list / aaronparecki

現在中国ではキャッシュレスが猛烈に進んでいます。

スマホが普及したうえに、アリペイなどの決済サービスが浸透しているからです。

お店や屋台などでは、QRコードの用紙が置かれています。

買い物は小銭のやりとりの必要はなく、スマホでQRコードを読み込んで認証すればOKです。

お客もお店も、お金を用意しなくてすみます。

現金を管理しなくていいので、強盗などへの対策にもなります。


中国、特に深センなどではQRコードなどを使った手軽な決済が短期間でひろまりました。

そのスピード感には驚かされます。

日本でも徐々にその動きに追随しはじめています。

ドコモ楽天、ラインペイを擁するLINEなどが利用拡大を狙っています。



また、QRコードを読み込んで決済する機器関連の需要も高まってくるでしょう。

QR関連のソリューションを提供する会社や決済に強いコンサル会社には、需要が拡大する可能性があります。

今から注目しておきましょう。



2 QRコード関連銘柄は? サービス会社編

Mushroom character
Mushroom character / matsuyuki

QRコード決済の消費者の窓口になる企業はいくつかに最終的には収束していくものと思われます。

DOCOMO 9437

dポイントなどを積極的に進めているドコモもQRコード決済分野での利用に取り組んでいます。

ドコモのスマホユーザ数は相当数いるため、この競争では大きなシェアを取るだけの潜在力はあると思います。

ドコモユーザなら携帯料金の支払いと一緒に精算なので便利です。

ドコモユーザ以外も、カードを登録してあれば利用可能です。



楽天 4755

楽天は会員数も多く、さらに楽天ポイントに強みがあります。

支払い時には楽天ポイントが付くため、楽天ユーザにとってはサービスを利用するインセンティブが高くなります。

楽天ペイは、現在ローソンなどに採用されています。



LINE 3938

日本でもっともよく使われているメッセージアプリLINEを運営しています。

スマホの普及は一段落したこともあって、LINEの成長力は現在あまり評価されていない状態です。

しかしLINEにはLINE PAYのようなプリペイドソリューションがあります。このLINE PAYは意外に評判がよく、これを組み合わせた決済が拡大する可能性があるかもしれません。

店舗ではローソンやワタミ、メガネスーパーなどが対応しています。



メガバンク

三菱UFJ、三井住友、みずほの3大メガバンクがQR決済への参入を表明しました。

QRコード規格をまとめるための新会社を設立し、規格を一本化。

2019年の実用化を目指します。
参考:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27435400X20C18A2000000/ >>


ヤフー 4689

ヤフーのコード払いが2018年6月スタートしました。

QRコード読み取りだけで、追加の設備投資が不要というのが訴求ポイントのひとつです。

白木屋や魚民など外食チェーンのモンテローザや上新電機、ドラッグの新生堂などで順次利用可能になります。


セブンアンドアイ

セブンイレブンも参入を表明しました。

方式は買い物履歴などを確認できるよう、独自に開発を進めているとのことです。
セブンイレブン スマホで支払い可能 独自の決済導入へ >>



3 QRコード関連銘柄は? コンサル・製造業編

Portable barcode reader
Portable barcode reader / andresmh

決済サービスをメインで提供する以外に、コンサルタントやバーコード読み取り機器などの業者にもビジネスチャンスがありそうです。

NTTデータ 9613

東急電鉄と提携しながら、スマートフォン向けクレジット決済ソリューション「.pay(ドットペイ)」を事業者に提供しています。

企業アプリに決済機能を追加できるほか、店舗でも店頭でQRコードによる決済が実現できます。

すでにぐるなびへの採用も決まっています。




GMOペイメント 3769

決済ソリューションをECサイトなどへ提供している会社です。

QRコード決済では、ゆうちょ銀行への採用が報道されています。




メタップス 6172

子会社がウォレットアプリ「pring(プリン)」を提供しています。

プリンは、みずほなどが行っている実証実験にも参加することが発表されています。

(更新)
メタップスでは、三菱UFJ、三井住友、みずほのメガバンク3行へシステムを提供するとの報道が出ています。(参考:
メタップスがメガバンク3行と提携へ、他行も追随か >>)

広がり出てくるとがぜん、スケールメリットが期待できるかもしれません。




デジタルガレージ 4819

子会社で決済事業を手掛けるベリトランスやイーコンテクストがドコモの「d払い」に対応することを発表しています。
参考:https://www.morningstar.co.jp/msnews/news?rncNo=1827687 >>




サトーホールディングス 6287

幅広い業種を対象に、バーコード、プリンタ、RFID、セキュリティなどのソリューションを提供しています。
連結売上高は1000億円。




オプトエレクトロニクス 6664

バーコードリーダーのレーザーエンジン世界2位という電気機器メーカーです。
ジャスダック上場銘柄です。
海外比率が高いのも特徴です。




4 QRコード関連銘柄は? 海外編

Alipay advert on Tottenham Court Road tube platform
Alipay advert on Tottenham Court Road tube platform / renaissancechambara

アリババ BABA

中国のIT巨人アリババはアリペイを提供しています。

日本でも事業開始予定でしたが、個人情報流出懸念などもあるようで現在のところは未定となっています。

日本株


スポンサーリンク



注目記事

このサイトはネット上の情報を参考に再構成したものです。 情報が古くなっている場合などもありますのであらかじめご了承のうえ 参考程度に参照ください。
紹介している個別銘柄につきましては、内容の正確性や株価の上昇を保証するものではありません。 また記事内容によりユーザが被った損害や損失などについて、 一切の責任を負わないものとします。 詳細は利用規約をお読みください。