困ったー[株部]


【アメリカ株】ROKU株は買い?

【アメリカ株】ROKU株は買い?


投稿日:2017/10/22 16:36
更新日:2018/06/08 09:16
文字の目安:2905
動画がますますインターネット上での存在感を高めています。
関連銘柄として注目されるのがROKUです。
ROKUは、日本での知名度はありませんが、ストリーミングテレビの大手です。
今後IPO予定となっています。はたして購入すべき株なのでしょうか。




 

1 ROKUとは?


Roku / JeepersMedia

日本ではアップルテレビやアマゾンのファイアTV、グーグルのクロームキャスト行ったインターネットTVが有名です。

これらはWiFiなどと接続し、ネット上の番組をテレビで再生できる専用機器です。 

うちでもクロームキャストやファイアTVを使っています。 

ファイアTVなら、リモコン操作などの使い勝手がいいうえに、アマゾンプライムの動画配信やHulu・DMM・アメバTVといったサービスも見れるので重宝しています。

このようなテレビに接続するタイプの動画機器のなかで、海外で知名度が高いのがROKUです。 

URL:
https://www.roku.com/ >>

 
アメリカでは5000チャンネル、50万近い映画やTV番組を見ることができます。 


2 ユーザ数は?

2017年の記事によれば、月当たりユーザは1500万人となっています。

昨年同時期よりの43%増加しており、数字的には非常に健闘しています。

2017年前半で70億時間もビデオ再生がされたということです。
前年からは61%の増加となっています。

インターネットの使い方として、動画ストリーミングサービスを利用する人が多くなっています。

このトレンドはROKUにとっても追い風といえそうです。

 

3 日本で買える?

ROKUは、アマゾンでは並行輸入品が取り扱われています。

しかし日本では正式にビジネス展開をしていないため、ちゃんとROKUの番組を全部見れるかどうかはわかりません。

大手に動画配信などは、地域によって視聴制限をしているケースもあります。

国内での視聴用としてROKUを購入するのはリスクが高いように思います。 
 

4 ROKU株は買い?

ビジネスモデルは?

機器販売による売り上げが想定されます。
が、ハードウェアは価格も安いです。
アマゾンなどとの対抗上、大きく値上げすることもできないでしょう。

実際ビジネスモデルの中心は、配信と広告です。
特に広告モデルは現在伸びてきているようです。

今後ROKUの成長については、広告+無料視聴のビジネスモデルがどのように推移するかを見ておく必要がありそうです。
 

類似銘柄は?

ROKUのライバルとしては、アップル、グーグル、アマゾンがあります。

しかしいずれも事業収益のメインの柱が違いすぎるので参考にはならないでしょう。

ナスダックに上場しているTivoは時価総額は2000億程度ですので、執筆時のROKUの時価総額とはいい勝負かもしれません。

ただしアメリカ株の多くが近年は上昇しているのに対し、TiVOは横ばいといったところ。ベータも0.18となっていてパフォーマンスとしてはさえません。


なので、Tivoの株価推移がROKUの参考になるかどうかはちょっと微妙なところでしょう。


動画配信トレンドという点ではネットフリックスが参考になるかもしれません。

こちらは動画配信・番組供給会社であり、ROKUよりも多国籍化が進んでいます。

ビジネスモデルも違うので一概に比較はできませんが、TVで動画を見る人たちの動向という点ではトレンドが参考になるかもしれません。 

現在ネットフリックスは時価総額8兆円前後、PEが222倍となっています。



ROKUは買い?

インターネット上で流れるデータの8割近くがビデオのもの、と予想されるほど動画配信がポピュラーになってきました。 

そのためROKUも高評価となることが予想されます。

したがってどの程度のヴァリエーションで初値を付けるか、などが注目点となるでしょう。 

例えばネットフリックスなら国内でもサービスインしていますから、利用者が増えた・減ったなども肌感覚としてわかりやすいです。

一方ROKUは日本ではサービスをしていないため、国内にいるとROKUの動向がわかりません。

そのあたりはネックでもあり、あまりROKUが触れない状況で評価するのはやや厳しいように思います。

特に無料広告モデルの推移なども日本からだとなかなかわかりかねます。

積極的に買うのもちょっと難易度は高いかもしれません。


おすすめ銘柄はこちらにまとましたので参考ください。

アメリカ株


スポンサーリンク



注目記事

このサイトはネット上の情報を参考に再構成したものです。 情報が古くなっている場合などもありますのであらかじめご了承のうえ 参考程度に参照ください。
紹介している個別銘柄につきましては、内容の正確性や株価の上昇を保証するものではありません。 また記事内容によりユーザが被った損害や損失などについて、 一切の責任を負わないものとします。 詳細は利用規約をお読みください。