困ったー[株編]
【仮想通貨】ビットコインは金利上昇期にインフレヘッジになる?

【仮想通貨】ビットコインは金利上昇期にインフレヘッジになる?


投稿日:2017/08/20 11:33
更新日:2018/01/20 21:05
文字の目安:2510
ビットコイン価格が乱高下しています。暗号通貨の未来へ期待する人が増えてきた一方、そもそもの適正価格については議論の余地があります。
今後インフレになってきた場合、ゴールドのようにビットコインもインフレヘッジとして利用できるのでしょうか。





1 インフレになる?


UK inflation / viralbus

日銀の過剰なまでの金融政策によってもインフレにはなかなかなりません。
そのため、何をしようとインフレにはならないと思う人も多いこととでしょう。

しかし労働人口は明らかに減少しており、人手不足は賃金上昇やサービス料金の上昇へ波及しています。宅急便の値上げがよい例でしょう。

北朝鮮情勢やトランプの貿易戦争など、国際情勢の悪化は国際貿易へも影響します。輸入品の多い日本にとっては、貿易の悪化はコスト増へ容易に転換されることと思います。

今後どの時点でインフレになるかはまだ不透明です。

が、今から準備しておくことも決して悪くはないでしょう。


2 ビットコインはインフレヘッジになる?


Bitcoin / jonas lejon

ヘッジで思いつくのはゴールドですが、ビットコインはヘッジになるのでしょうか。

結論からいえば、現時点ではわかりません。

ヘッジになる可能性、ならない可能性両方ありますので、それをもとに各自判断しておいたほうがいいと思います。



ヘッジになる場合

ビットコインは最初から発行量が決まっています。
無制限に発行されるどこかの国の通貨に比べて、価値の棄損は少ないと思います。

また取引所なども整備されてきています。
ビットコインの売買は非常にしやすいため、その流動性の高さも評価できると思います。


ヘッジにならない場合

そもそもゴールドの場合、金装飾品などで実需があります。
そのため、価格については0になることはまずないでしょう。

一方ビットコインは、発行数の制限などはあるものの、何かをベースに発行された通貨ではありません。

また金利などは一切つかないため、保有だけで必ず配当がもらえるという性格もありません。

このように裏付けもない、金利配当もない通貨である以上、インフレ時には全く役立たない可能性も考えられます。

(更新 2018/1/20)
ある記事によれば、ビットコイン暴落時にゴールドへ資金を動かす人が結構いたようです。
仮想通貨暴落中に金に乗り換える投資家続出 >>

このように、仮想通貨とゴールドの間に逆相関の関係があるとするならば、インフレ時のゴールド買いによって仮想通貨はさらに暴落することになるかもしれません。



3 他の通貨はインフレヘッジになる?


Litecoin IMG_3359 / btckeychain

ビットコイン、イーサリアム、リップル、NEM、ドージコイン、ヴァージ、ネオ、アイオタなどなど、仮想通貨の種類は1000以上もあります。

実は仮想通貨と1くくりにされていますが、コインの発行数は大きく違います。

コインの発行数を制限しているものや無制限に発行しているもの、毎年増やすものや減らすものなど様々です。

コインの性格によってインフレ時に強いコイン、デフレ時に強いコインと分かれてくるかもしれません。


残念ながら、まだまだこのあたりの検証は時間があるときに....という感じですので、またまとまってきたら更新したいと思います。


仮想通貨 インフレ


スポンサーリンク



注目記事

このサイトはネット上の情報を参考に再構成したものです。 情報が古くなっている場合などもありますのであらかじめご了承のうえ 参考程度に参照ください。
紹介している個別銘柄につきましては、内容の正確性や株価の上昇を保証するものではありません。 また記事内容によりユーザが被った損害や損失などについて、 一切の責任を負わないものとします。 詳細は利用規約をお読みください。