困ったー[株編]
【株式】簡易クリニック関連銘柄は?

【株式】簡易クリニック関連銘柄は?


投稿日:2015/06/04 14:51
更新日:2017/02/21 09:44
文字の目安:1295
先進国では高齢化が進んできており、健康管理や予防、治療といったニーズはますます高まる一方です。
なかでも,コンビニエント・ケア・クリニックという、病院ほどではないけれど簡単な治療が期待できるサービスがアメリカでは特に広まりつつあります。
オバマケアによって保険適用対象者が増加することが追い風にもなりそうです。
ここでは簡易クリニック系サービスを中心にまとめていきます。




 
 

1 簡易クリニックとは?


Walgreen's Pharmacy / JeepersMedia

コンビニエント・ケア・クリニック(convenient care clinics:CCCs)は、リテールクリニック、インストアクリニックなどとも呼ばれています。
 
ドラグストアやスーパーのなかに併設されていることが多いためです。
 
なんといってもディスカウント・チェーンの王者であるウォルマートやターゲットといったところにも開設されています。
 
 
 
コンビニエント・ケア・クリニックでは、ナース・プラクティショナーやフィジシャン・アシスタントといった人々が従事しています。
 
担当者が診断のうえ、治療や投薬を行ってくれます。
 
一般病院と違って対応できる症状には制限がありますが、熱・咳・のどの痛みなどの症状、あるいは血液検査などに応じてくれます。
 
安価で明朗会計であること、夜や週末も対応してくれるところが多いことなども人気の秘密です。
 
特に治療費は一般のクリニックよりも3割程度安いようです。
 
参考はこちら >>
 
 
 
 

2 簡易クリニックサービス

高成長なのがミニッツクリニック、ウォルグリーンズといったところです。 
 
またオバマケアによって、医療検査サービスの利用も拡大するかもしれません。それによって恩恵を受ける銘柄としてクエスト・ダイアグノスティックスなどが挙げられます。

 



スポンサーリンク



注目記事

このサイトはネット上の情報を参考に再構成したものです。 情報が古くなっている場合などもありますのであらかじめご了承のうえ 参考程度に参照ください。
紹介している個別銘柄につきましては、内容の正確性や株価の上昇を保証するものではありません。 また記事内容によりユーザが被った損害や損失などについて、 一切の責任を負わないものとします。 詳細は利用規約をお読みください。