困ったー[米株部]


困ったー[米株部] >> 「困ったー株部」ブログ

【コロナ恐慌】不動産・建設業への影響は?対策は?



【コロナ恐慌】不動産・建設業への影響は?対策は?
投稿日:2020/04/24 10:26
更新日:2020/05/09 09:56
文字の目安:4352
コロナ恐慌では、需要の多い外食店や観光に真っ先に影響が出ました。
しかしコロナ感染にともなう営業停止や、中国からの部品調達の遅れなどから、マンションや住宅建設への影響が目立つようになりました。

スポンサーリンク



1 建設への影響は?


Office building construction worker / runneralan2004

影響を確認しておきましょう。

住宅建築ですが、戸建住宅などの受注が落ちてきているとする声が上がっています。また、設備商品が入ってこないから業務に支障をきたす例も増えてきています。
新型コロナで売上が大幅減少「戸建住宅などの受注が2~3割激減。仕事がない」「会社が潰れれば路頭に迷うしかない

既に8割ほどが影響があると答えています。
新型コロナ、建設業の73.8%が「マイナスの影響」見込み



コロナ感染で仕事を中断する事例も起きています。

鹿島・前田建設工業・安藤ハザマ・奥村組・熊谷組・フジタ・清水建設・大林組・西松建設・戸田建設など、大手で軒並み中断を実施するところが増えいます。

遅延による入金遅れ・支払い遅れは増加しそうです。
「緊急事態宣言」全国拡大で工事中断に雪崩、大成建設は一線画す


(更新 2020/4/27)
いいニュースとしては、NY州やイタリアなどで工場や建設業の再開することが挙げられます。

外出自粛は段階的解除となりますが、建設業がはやいうちから再開を許可されるのは明るい材料です。(ただしマスク着用などはあるようですが)



2 不動産業界への影響は?


Ford Mansion: Living Room / JoeInSouthernCA

今のところ中古マンション価格推移・住宅価格推移などのデータでは大きな影響は出ていません。

これはまだ最新データが出そろっていないこともあると思いますので、データが出次第更新したいと思います。



ただし足元では新築マンション・一戸建て販売はストップし、モデルルームすら閉鎖という状況です。

大手ですら3月は二けた減は当たり前。今後の数字が恐ろしいぐらいです。
「理論価格がまったく成立しない」マンション大暴落の底なし沼

ちなみに現在の不動産投信の推移はこちらになります。




ユーザーの購入マインド低下は明らかで、アメリカでも買い時とするユーザは減少中。
Only 50% of Americans believe it’s a good time to buy a home, an all-time low, Gallup poll says



支払えない事業者が多発する可能性は多く、さらにモラトリアム(支払い猶予)を求める声は国内外で出始めております。

これが拡大すればするほど混乱は拡大し、モラトリアム実施となれば大家さんへの大打撃になりかねません。


また、コロナがある程度収束したとしても、リモートになれてしまった人が増えることでオフィス需要は減少するのではないかと考える方も少なからずいるようです。
事業用不動産の新型コロナ終息後の回復に影



3 対策は?


UBER Eats Delivery Cyclist Riding Through a Busy Oxford Road in Manchester / shopblocks

キャッシュを厚くする

建設業は、必要経費や仕入れ調達で支払いが早いうえに代金を受け取るためのが遅いです。

当然キャッシュフローに影響をきたすと、受注残がありながらも支払いに苦慮してしまうことは想像に難くありません。

銀行や信用金庫からの融資・国や県の給付金は申請がかなり混み時間がかかります。

逆に言えばだからこそ徹底的に時間を割いて早めに申請しておく必要はあるでしょう。



ビデオチャットを活用する

設計での事例ですが、オンラインのビデオチャットだけでも成果が出始めています。
https://www.s-housing.jp/archives/199285R+house、オンライン面談での設計後契約率90%超を達成

建築や物件の確認などでもビデオチャットを使うことで、効率化とソーシャルディスタンスという両方の効果を高めることができます。



新規サービスを準備する

今後、コロナ自粛の影響が長引くことを考えればそれに対応したサービスを開発しておくことも大事だと思います。


建設や内装であれば、抗菌や3密対策を考慮した住宅・店舗づくりがねらい目でしょう。

好業績のスーパーなどでは、3密対策への提案を受けやすい状況だと思います。

透明シールで区切りをつける工事、換気をよくするための提案、手洗い・足洗・食品置き場などへの各種殺菌用器具の設置、デリバリー専門へのレストランの改築、....などなど。

単価としては大きくないかもしれませんが、困っている経営者の数は相当数あります。

オフィスではソーシャルディスタンスがわかるようなシートを敷いたりと工夫したものが提案されたりしています。

https://www.fastcompany.com/90488060/our-offices-will-never-be-the-same-after-covid-19-heres-what-they-could-look-like



不動産の場合は、今の時代に即した提案を大家さん・借主さん双方に提案していく必要があるでしょう。

リモートオフィスの増加で、高速WiFiの設置・テレビ会議などで自宅で大きな声でしゃべっていても隣の部屋に伝わらない防音対策などへの需要は高まってくると思います。

家庭で仕事をするために仕事部屋の改築をする必要が出てくるかもしれません。



コロナ対策の必要性はますます増加します。

自動ドアなど非接触で移動できる建物・検温器を入り口に設置した施設など。

外食店の継続は厳しいですが、デリバリー専門の店舗へ改装といった提案も大事かもしれません。

ドライブスルーへの対応提案などもありでしょう。

コロナ不況


スポンサーリンク




注目記事
【コロナ恐慌】公務員・公共事業への影響は?対策は?
(2020 04 25)
コロナショックの影響は広範囲に及びます。 となると頼れるのは公務員や公共事業。これらはどのように今後推移するのでしょうか。いろいろとデータをまとめていきます。...

Visit
【コロナ恐慌】3/18ダウ20000ドル陥落!それでも上げたアメリカ株は?
(2020 03 19)
3/18のダウはなんと4度目のサーキットブレーカーが発動される事態となりました。一部の投資家さんからはサーキットブレーカーが発動が当たり前になりつつあるとの嘆き...

Visit
【コロナ恐慌】飲食店への影響は?対策は?
(2020 04 22)
コロナ恐慌の矢面に立っている業種の一つが飲食店です。 3密といわれる密閉・密集・密接になりやすいうえ、外出自粛の要請の影響ももろに受けてしまっています。ここで...

Visit
【コロナ恐慌】コロナで倒産する企業 どんな業種が多い?
(2020 04 01)
コロナで倒産する企業をまとめていきます。現時点では、そもそも売り上げ減少などで苦しんでいるところがコロナで追い打ちを受けたところが多いように思います。 ただし...

Visit
【コロナ恐慌】ダウ1000ドル暴落でも上げたアメリカ株は?(2020/2/24)
(2020 02 25)
イタリアでの感染者拡大の報道などを受け、ダウは1000ドル程度の全面安の展開です。果たしてこんな時に上昇した株はどんなものがあったのでしょうか。 ...

Visit

このサイトはネット上の情報を参考に再構成したものです。 情報が古くなっている場合などもありますのであらかじめご了承のうえ 参考程度に参照ください。
紹介している個別銘柄につきましては、内容の正確性や株価の上昇を保証するものではありません。 また記事内容によりユーザが被った損害や損失などについて、 一切の責任を負わないものとします。 詳細は利用規約をお読みください。