困ったー[米株部]


困ったー[米株部] >> 「困ったー株部」ブログ

【コロナ恐慌】コロナ対策としておすすめのアメリカ株4選



【コロナ恐慌】コロナ対策としておすすめのアメリカ株4選
投稿日:2020/04/16 19:19
更新日:2020/04/16 19:21
文字の目安:3702
コロナ対策として買える株について紹介します。
といって、こちらで過去に紹介した銘柄では以下がコロナ対策としても(今のところはですが)何とか持ちこたえています。

スポンサーリンク



1 コロナ対策銘柄は?

このブログで紹介している銘柄では、以下がコロナ対策として期待できそうなものです。

ペロトンやROKUは巣ごもり消費、テラドックは遠隔医療、スラックはリモートワーク用サービスとなります。


2 ペロトン

ペロトンは遠隔フィットネスサービスです。自宅にあるフィットネスバイクへ動画を配信するというスタイルです。

ジムはコロナではクラスター感染する懸念があります。しかし巣ごもりで運動できないとそれはそれで不健康です。

となればペロトンのようなサービスは非常にありがたいと思われます。

kabukahaitou.com




3 ROKU

このコロナ拡大局面で、巣ごもり消費が注目されています。

代表的なのは動画配信で、ネットフリックスもこの暴落局面で株価は堅調となっています。

ただしネトフリの場合、コンテンツ制作にかなり金をかけているため相当な赤字を垂れ流しています。

ROKUはセットアップボックスを提供し、これではディズニーをはじめいろんな提供会社の動画を流すため、コンテンツ制作の苦労がない点ではこちらのほうがいいかなとは思います。

kabukahaitou.com





4 テラドックヘルス

テラドックヘルスは、当ブログでも早い段階で遠隔医療銘柄として注目してました。

kabukahaitou.com



今回のコロナ感染拡大によって、テラドックヘルスを利用するユーザ、特に新規ユーザはかなり増加しています。

kabukahaitou.com





5 スラック

スラックはビジネスチャット・コミュニケーションツールです。

もともとアメリカではリモートワークをしている会社も少なくないのですが、現在は世界的にロックダウン、すなわち在宅ワークのほうが要請されています。

そのためスラックのようなツールの利用者はかなり増加してきています。

kabukahaitou.com


コロナ不況


スポンサーリンク




注目記事
【コロナ恐慌】アフターコロナ 3つのシナリオ
(2020 04 06)
以前コロナショックでは3つのシナリオについて想定しておきました。ここではコロナが収束に向かった場合にどのようなシナリオがあるのか、こちらも3つほど想定してみまし...

Visit
【コロナ恐慌】3/18ダウ20000ドル陥落!それでも上げたアメリカ株は?
(2020 03 19)
3/18のダウはなんと4度目のサーキットブレーカーが発動される事態となりました。一部の投資家さんからはサーキットブレーカーが発動が当たり前になりつつあるとの嘆き...

Visit
【コロナ恐慌】国防生産法適用の会社は?
(2020 04 03)
アメリカでコロナ感染が拡大するとともに、国防生産法が適用されます。これは国家が必要な品目の生産を企業に命令できるというものです。戦時では軍需品でしょうが、現在は...

Visit
【アメリカ株】コロナワクチン相場、今後の3つのシナリオ
(2020 05 21)
コロナワクチンの開発が急ピッチで進んでいます。いいニュースで相場は一気に上げましたが、全滅という可能性もあります。今後のシナリオを想定し、それに応じた作戦を考え...

Visit
【コロナ恐慌】コロナショックなのにテンバガー株
(2020 03 19)
コロナ恐慌ともいえる様相で株式、石油、金価格が下落。まさいに最強のデフレ環境になってきたアメリカ市場です。しかし全部がダメではなく、一部はテンバガー、つまり10...

Visit

このサイトはネット上の情報を参考に再構成したものです。 情報が古くなっている場合などもありますのであらかじめご了承のうえ 参考程度に参照ください。
紹介している個別銘柄につきましては、内容の正確性や株価の上昇を保証するものではありません。 また記事内容によりユーザが被った損害や損失などについて、 一切の責任を負わないものとします。 詳細は利用規約をお読みください。