困ったー[株編]
【仮想通貨】dAppsとは?関連銘柄は?

【仮想通貨】dAppsとは?関連銘柄は?


投稿日:2018/01/06 09:55
更新日:2018/01/06 12:34
文字の目安:1939
dAppsが注目されています。dAppsとはデセントライズド・アプリのことで、分散型アプリケーションともいわれてます。
銀行や証券、不動産などの金融商品とも相性がいいとされ、分散型アプリによって更なる金融のイノベーションがおきるかもしれません。
ここではdAppsの基礎知識や関連銘柄などの情報についてまとめていきます。





1 dAppsとは?


Bitcoin Keychains with Ethereum Collectible Coin IMG_2383 / btckeychain

dAppsとはデセントライズド・アプリ(Decentralized Apps)の略称です。

分散型アプリケーションともいわれてます。


ビットコインなどで使用されているブロックチェーンの技術は、非中央(デセントライズド)であることが大きな特徴となっています。

特定の管理者がいなくても、分散型で決済や認証ができてしまうためです。

この技術は、ゲームやマーケットプレイス、さらには保険や銀行、証券などの金融商品へも応用が効きます。


2 dApps、どんなアプリがある?

dAppsが普及するには、dAppsを開発して運用しやすい環境の整備がかかせません。

そこで注目されているのがイーサリアムなどのサービスです。

すでにイーサリアムベースでたくさんのアプリが登場。

ステートオブdAppsというサイトでは、すでに1000近いアプリが登録されています。
https://www.stateofthedapps.com/ >>


ビジネス者だけではありません。クリプトキティーズというゲームサイトでは、新種猫を育成するゲームです。
分散型の利点を生かし、猫の売買や価格形成はすべて自動化されてマーケットにゆだねられているのが特徴となっています。

https://www.cryptokitties.co/




3 dApps関連銘柄は?


Microsoft / JeepersMedia

マイクロソフト

公開銘柄では、またかといわれそうですがやはりマイクロソフトが注目されます。

dAppsでは、金融関連のソリューションに適しており、となると堅牢なクラウド環境をバックグラウンドに稼働するほうが、顧客にとっては安心して使いやすいことになります。

マクロソフトではアジュールというクラウド環境を提供しています。

複数のブロックチェーン関連のサービスが対応しており、すでにイーサリアムなどが利用可能となっています。



テンセント

中国のIT大手テンセントも取り組んでいます。
テンセント独自のブロックチェーンとSQLを組み合わせた「トラストSQL」なるサービスを発表しています。

こちらもけた違いに資金力のある会社だけに、今後の動向から目が離せません。

仮想通貨


スポンサーリンク



注目記事

このサイトはネット上の情報を参考に再構成したものです。 情報が古くなっている場合などもありますのであらかじめご了承のうえ 参考程度に参照ください。
紹介している個別銘柄につきましては、内容の正確性や株価の上昇を保証するものではありません。 また記事内容によりユーザが被った損害や損失などについて、 一切の責任を負わないものとします。 詳細は利用規約をお読みください。