困ったー[株部]


困ったー[株部] >> 「困ったー株部」ブログ

【コロナ恐慌】コロナで株式市場は閉鎖になる?



【コロナ恐慌】コロナで株式市場は閉鎖になる?
投稿日:2020/03/16 12:43
更新日:2020/03/19 09:43
文字の目安:1694
株式市場の混乱が止まりません。アメリカでは1週間で2回もサーキットブレーカーが発動されました。今後も収集つかない場合には一時的に閉鎖という可能性も出てくることでしょう。


1 株式市場は閉鎖になる?


Shocked / liber

実際に株式市場が閉鎖された例としてはアメリカの同時多発テロの時があげられます。

9月11日にニューヨーク証券取引所が取引が停止となりました。

再開は翌週17日(月)でした。その日は7.3%暴落という結果でした。
その後もしばらくは低調でした。



停止日を予告してから実施となれば、それだけでも売りを誘発することとなります。

コロナによる閉鎖があるとしたら、こちらもいきなり実施ということになるように思います。



コロナと株式市場の関連で言えば、大量の感染者を出した韓国では株式市場で空売り規制をしています。

しかし結果として株価は大幅下落。特に海外投資家からの売り越しが大きくなっています。
参考:【韓国株式市場】「空売り規制強化」初日の結果は惨敗


株式市場のメリットは自由な売買ですから、資金がロックされる可能性があると一気に逃げる可能性は高いです。



現時点では閉鎖の可能性はめちゃくちゃ高いというわけではありませんが、一応最悪の事態としては想定しておいたほうがよいでしょう。

(更新2020/3/17)
フィリピンでは3月17日より証券取引所全取り引き停止の措置を実施しました。

(更新2020/3/18)
フィリピンでは停止措置は建物内の衛生が理由とのことで、めどがついたことから19日に再開の運びです。
参考:フィリピン証取、19日取引再開へ




2 閉鎖時の対策は?


Dollar / Images_of_Money

停止中は売買できません。


そうなる危険性を考えれば、発動されると予想される場合には株のポジションは減らしておくべきでしょう。


株式市場が利用できないのであれば、FX為替市場やコモデティ市場での売買に振り分けるのも手です。

こちらの市場も閉鎖がないとはいいきれませんが、個人的には為替ならリスク時の円買い、コモデティならリスク時の金買いを狙いたいところです。

コロナ不況


スポンサーリンク



注目記事

このサイトはネット上の情報を参考に再構成したものです。 情報が古くなっている場合などもありますのであらかじめご了承のうえ 参考程度に参照ください。
紹介している個別銘柄につきましては、内容の正確性や株価の上昇を保証するものではありません。 また記事内容によりユーザが被った損害や損失などについて、 一切の責任を負わないものとします。 詳細は利用規約をお読みください。