困ったー[株編]
【米朝戦争】移住先を考えるならどこ?

【米朝戦争】移住先を考えるならどこ?


投稿日:2017/09/19 22:17
更新日:2017/10/22 19:22
文字の目安:3850
半島情勢が悪化しているため、移住を考える人もいることと思います。
また、移住までいかなくても、いざというときには短期でしばらく滞在できる場所があると便利でしょう。
ここでは移住のためのいろんな情報をまとめていきます。





1 移住を考えるべき人は?

米朝で激突のような事態が起きると、日本でも当然平穏に...というわけにはいかないでしょう。

特にお子さんがいる場合や、親の介護が必要な場合には、なかなか緊急時には動けません。そのため、先に移住しておきたいこともあるでしょう。

米軍基地がある近くは、特に攻撃対象となる可能性が高くなります。
東京付近では横田、横須賀、座間といった場所が、それ以外にも三沢、岩国、嘉手納なども危険度は高まります。

参考:米朝衝突「その時」日本はここが狙われる

2 移住先ならどこ?

あまり遠い国ですと、行き来がかえって煩雑となります。
そのため、比較的短距離の国々がまずはターゲットとなります。

まず日本や北朝鮮両国から友好関係にあるアジアの国は、比較的巻き込まれないかもしれません。
ASEAN10か国は、両国と友好関係があります。

インドネシア、カンボジア、シンガポール、タイ、中国、東ティモール、フィリピン、ブルネイ、ベトナム、マレーシア、ミャンマー、モンゴル、ラオスなど。

また、ある程度の期間滞在となるとビザの問題がでてきます。
台湾とマレーシアならノービザで90日滞在可能ですが、延長は不可です。
タイ、シンガポール、マレーシアはノービザ30日、延長30日なので2月程度です。
一方、カンボジアはノービザ30日で延長が1年、フィリピンはノービザ30で延長が約2年。

あまり遠くないことを考慮すると、短期なら台湾、長期戦を予想するならフィリピンがよさそうです。

参考;北朝鮮と国交がある国・ない国・大使館設置国の全リスト
北朝鮮が核ミサイルで日本を攻撃したら海外どの国に避難すべきか?

3 キンドルで移住情報を調べるには?

書籍の場合、本屋巡りをしないといけません。
しかしキンドルの場合にはすぐ読めるので便利です。

以下のような移住についての本がキンドルにあります。

35歳で日本を脱出!200万円でフィリピンに永住しよう!2013年改訂版

フィリピンでリタイアメント用ビザを取得した著者の体験談。
単に書類のやりとりの話だけではなく、銀行やネットの開設、部屋探しやタクシーといった生活スタートのための情報も紹介されているので、参考になります。


タイ移住マニュアル

タイ移住についての実際の情報がまとめられています。
思ったより医療レベルが高かったり、逆に思ったよりネット環境が悪かったりということがあるようです。
ネットで収益を上げながらの移住であれば、ネット環境の問題は非常に大事になります。


自力で取る!オーストラリア永住権

実際にオーストラリア永住権の申請を行った著者の情報は参考になります。
思ったよりも費用が掛かる印象です。


NEXTRAVELER 世界で暮らす 移住ガイド 2014 vol.3 マレーシア・クアラルンプール Kindle版

マレーシアへの移住情報をまとめたもの。
実際に移住した人が体験談をまとめた、という形式ではなく、必要な情報を集めて整理したといった感じ。
その分、移住してどうだったかという実感部分についての情報は物足りない感じはします。


これらはキンドルアンリミテッドにも対応しているので、アンリミテッドに登録してから読み放題で試すことができます。
登録はしかも30日間は無料です。
こちらから登録できます。キンドルアンリミテッド

戦争


スポンサーリンク



注目記事

このサイトはネット上の情報を参考に再構成したものです。 情報が古くなっている場合などもありますのであらかじめご了承のうえ 参考程度に参照ください。
紹介している個別銘柄につきましては、内容の正確性や株価の上昇を保証するものではありません。 また記事内容によりユーザが被った損害や損失などについて、 一切の責任を負わないものとします。 詳細は利用規約をお読みください。