100倍!アメリカ株


100倍!アメリカ株 >> 「100倍!アメリカ株」ブログ

【株式】ジュニアNISA、銘柄の選び方は?



【株式】ジュニアNISA、銘柄の選び方は?
投稿日:2016/01/27 11:40
更新日:2017/02/21 10:22
文字の目安:2059
2016年4月、ジュニアNISAが始まります。
 
これは0~19歳の日本居住者が80万円を上限として投資した年から最長5年間非課税で保有できるというもの。
 
そんなに滅茶苦茶いい条件とも思いませんが、未成年者が株式投資を始めるきっかけとしてはありなのではないかと思います。
 
ここでは、どのような基準で銘柄を選んだらいいかという考え方についてまとめてみました。

スポンサーリンク



 
 

1 単価の安いものを選ぶ

 
http://www.flickr.com/photos/68751915@N05/6870880911
photo by 401(K) 2013
特に昔の株式銘柄に多いのですが、最低購入金額が高いものがあります。
 
最低購入金額は、1株価格x最低購入株数(銘柄によっては最低1000株からという場合があります)
 
エスケー化研は1千万以上必要です。
 
80万円上限ですから、となると購入候補からは必然的にはずしたほうがよくなります。
 
 
 
 

2 株主優待で選ぶ

 
上限80万円は人によっては微妙と思われるかもしれません。
 
そこで配当のほうにメリットを見つけて銘柄を選ぶのもよいでしょう。
 
 
 
ディズニーランドのオリエンタルランドの場合、「東京ディズニーランド」または「東京ディズニーシー」どちらかのパークで利用可能な1デーパスポートがもらえます。
 
現在7000円で100株単位ですから、株式市場が高騰しなければ70万前後で購入できます。
 
 
 
 

3 配当利回りで選ぶ

 
配当利回りで選ぶのもよいでしょう。
 
毎年一定額もらえるのは非常にありがたいです。
 
ただし配当利回りの高さだけで判断するのは避けましょう。
 
 
 
また、配当額は年度によって変更されることがあるので注意が必要です。
 
 
 
 

4 身近な銘柄で選ぶ

 
世界的に有名な投資家の一人にピーター・リンチさんがいます。
 
リンチさんは、世界大手の株式ファンド「マゼランファンド」に携わりました。
 
パフォーマンスは、25倍にも達しました。
 
 
 
リンチさんの銘柄選びの手法は、身近な銘柄を選ぶこと。
 
日本でも身近な上場企業があります。わかりやすいところでは吉野家やユニクロといったところでしょうか。
 
 
 
この手法のいいところは、会社の変化を自分の肌で感じれることです。
 
もしユニクロの店舗へ行って「以前より客が減ってるなぁ」と思ったら株の売り時かもしれません。
 
よくわからないバイオの会社を買うより、このような身近に観察できる株を買った方が買い時、売り時を判断しやすいのです。
 
 
 
 

5 成長性や時代で選ぶ

 
株自体の値上がりを狙うのであれば、やはり時代の後押しを受けるような銘柄がいいでしょう。
 
 
 
日本の高齢化がますます進むことは間違いありません。
 
となるとジェネリック薬品や介護施設、葬儀会社などの成長が期待されます。
 
 
 
高齢化=労働力不足という観点からは、ロボットや自動自動車などが期待できそうです。
 
 
 
 

6 誕生年で選ぶ

 
特にどれも決め手がない!という場合には、未成年者の自分が生まれた年に創業した会社の株から選ぶのも面白いかもしれません。
 
あるいは上場した年が自分の生まれた年という会社もいいかもしれません。
 
 
 
ちょうど誕生年のワインを仕込むような感じでしょうか。
 
 
 
 

7 ジュニアNISAを買うには?

 
現在以下の証券会社が未成年口座開設可能となっています。
 
SBI証券
マネックス証券
松井証券
楽天証券



スポンサーリンク




注目記事
【仮想通貨】イーサリアムに便利なサイトは?
(2018 01 02)
イーサリアムは、ブロックチェーンなどをベースにした次世代型のプラットフォームを目指しています。 今後はイーサリアムベースのサービスも増えてくるものと思われます...

Visit
【仮想通貨】ICOに便利なサイトは?
(2017 12 20)
仮想通貨ブームで、特にICOには続々と資金が集まっています。 ICOとは仮想通貨の売り出しのことです。 ○○コインとかxxコインとかが販売されていきます。 ...

Visit
【株式】「杉村太蔵」銘柄は?
(2015 03 08)
杉村太蔵さんといえば、小泉チルドレンで議員当選。 その後は不遇でしたが、近年はアベノミクス相場で大儲け。 本は出すは、会社は設立するはと勢いが止まりません。...

Visit

このサイトはネット上の情報を参考に再構成したものです。 情報が古くなっている場合などもありますのであらかじめご了承のうえ 参考程度に参照ください。
紹介している個別銘柄につきましては、内容の正確性や株価の上昇を保証するものではありません。 また記事内容によりユーザが被った損害や損失などについて、 一切の責任を負わないものとします。 詳細は利用規約をお読みください。