株の王子さま
scroll
注目記事

株の王子さま >> 経済ブログ
【株式】自動運転車関連銘柄

【株式】自動運転車関連銘柄

投稿日:2015/03/07 10:42
更新日:2017/03/05 15:44
文字の目安:4726
自動運転車が注目されています。
ここでは、関連業種や関連銘柄を紹介していきます。
もちろん大きなプレイヤーとしては、現在の自動車業界がそのままあてはまります。
しかし自動車以外の会社も、ロボットカー事業への参入を狙っています。

目次


スポンサーリンク



 
 

1 自動運転車とは?

http://www.flickr.com/photos/99247795@N00/2462854523
photo by Richard Masoner / Cyclelicious
自動運転車は、自動走行車やロボットカーなどいろいろな言われ方をします。
 
人以外のロボットが運転する車を指します。
 

 
 
今後高齢化にともなって、高齢者の運転問題などが増加してくることがはっきりしています。
 
また日本では、労働者不足、特にドライバーの不足が直近の課題となっています。
 
これらの問題を一気に解決する意味でも、ロボットカーへの期待が増しています。
 
 
 
 

2 自動運転車の市場規模は?

BNPパリバのアナリストによれば、2020年までに250億ドル(日本円で約3兆円)規模になるのではないかと予想しています。
 
IEEEも参加したある調査レポートでは、2020年までに自動運転車のコントローラやチップなどの市場規模が5億ドル(600億円)になるであろうと予測しています。
 
 
 
 

3 自動運転車関連業種は?

自動車産業

ロボットカーについては、多くの自動車メイカーが対応を表明しています。
 
日産(ルノー)


ホンダ、ダイムラー

は2020年までに対応させることを目指しています。
 
ワーゲン


BMW


アウディ


フォード


GM

など、主要自動車メイカーもテストには精力的に取り組んでいます。
 
イーロンマスク氏率いる
テスラモーターズ

もロボットカー化には意欲的とされています。
 
 
 
国内のロボットベンチャーでロボットカーの実証などに挑戦する
ZMP

は、インテルの出資を受けています。
 
アイサンテクノロジーらと公道での実証実験に取り組んでいます。
 
また、既存の自動車部品産業でもうまくこの流れに乗る会社が出てくることでしょう。
 
 
 

ソフトウェア産業

ロボットカーを、ソフトウェアの立場から先導しているのがご存じ
グーグル

です。
 
www.youtube.com
 
また
アップル

も自動運転車に参入を進めているのではないかとロイターが報じています。
(参考はこちら >>。)
 
 
ロボットカーでは大半がソフトウェア処理ですので、個別に期待できる企業もあります。
 
モービルアイ

は画像解析に強く、自動運転車の普及とともに急成長が期待されます。(ただし一方ではグーグルなどとの熾烈な競争はありそうです)
 
ノキア

は携帯関連をマイクロソフトへ売却。しかし地図サービスやネットワークインフラ、先端技術に特化し、思わぬプレイヤーとして表舞台に復帰してくるかもしれません。
 
 

ハイテク産業

先述モービルアイの半導体は
STマイクロエレクトロニクス

が製造しています。
 
また、
フリースケールセミコンダクター


NXPセミコンダクター

といった半導体メイカーも注目されます。
 
 
面白いところでは、ゲーム用のグラフィックカードなどでおなじみの
nVidia

です。
 
www.youtube.com
 
自動車用の半導体も精力的に開発しています。
 
ロボットカーでは、人の目の役割を担う画像処理の性能が問われます。
 
同社の画像処理技術は、ひょっとするとロボットカーにも最適のソリューションを提供できるのかもしれません。
参考:こちら >>
 
 
 

輸送、倉庫

輸送がもし自動運手車によって、経費が大幅に削減されることになれば、運送会社の株価も期待できることになります。
 
フェデックスなどにも注目です。
 
 

農業

畑を耕すような農作業の自動運転化は、非常に注目されている分野の一つです。
 
クボタなどは2018年にも、自動走行農業機械をリリースするかもしれません。
 
 
 

4 自動運転車の問題は?

期待が高まる一方、課題も大きいです。
 
法律、補償

大きな問題になるであろうと思われるのが法律の分野です。
 
自動運転車が事故を起こした場合、自動車が悪いのか、自動車のソフトウェアを作った会社が悪いのか、...など判断が非常に難しいことです。
 
 
天候

また案外指摘されていないのが天候です。
 
日本は四季のうつりかわりが激しく、雨や雪にしょっちゅう見舞われます。
 
カメラによる画像認識では、雪のようなホワイトアウトは厳しいと思われます。
 
北国ほど自動運転車は厳しいかもしれません。
 
また狭い道が多い日本では、走れたとしても速度制限も厳しくなるかもしれません。
 
気候や地理を考えると、やはり広大で乾燥地帯も多いアメリカが技術的にも法的にも環境的にも先行しそうです。
 
 
 


5 仮想通貨(ビットコインやリップル、NEM)を購入するには?

ビットコインというと興味はあるけど、買いにくそうというイメージがある人も多いと思います。
1000円もあれば購入できます。少額でも実際に保有してみてどんなものか理解しやすくなると思います。現状お勧めできるのは以下の取引所です。
(セキュリティのためいずれの取引所も本人書類提出は必要です)

取り扱い通貨数ならZaif

Zaifが取り扱っているのは、ビットコイン、イーサリアム、モナコイン、NEM、カウンターパーティ、Storj、ビットクリスタルなど種類が豊富です。

やはり取り扱い通貨が多いほうが急な相場展開に対応しやすいです。
金融庁の登録業者となっている点も安心できます。
登録はこちらから。



バランスと安心度でビットフライヤー

元ゴールドマンサックスのメンバーらによって設立された取引所です。

「金融庁の登録業者へ登録されていること」や「大手銀行と提携してブロックチェーンのテストなどを行っていること」などから国内では比較的安心できる取引所の一つだと思います。

最近下落の多いビットコインですが、FXでショート(空売り)も可能です。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で



なお、うちでメインに使っていたコインチェックは、現在はハッキングの可能性?もあるため、利用はちょっと様子見のほうがいいかもしれません。
経過についてはコインチェックはGOXするか?を参照ください。





スポンサーリンク


クボタ

Ticker:6326
概要:農業機械大手。海外比率も6割前後に拡大中。

アシストスーツや自動運転型農業機械といった新分野にも意欲的です。


オートリブ

Ticker:ALV
概要:ナイトビジョンや歩行者認識レーダーなど、自動車の安全まわりのシステムを提供しています。



ノキア

Ticker:NOK
概要:携帯電話の普及時代に一世を風靡しました。

その後、競争激化やスマホの台頭などで、結局携帯事業をマイクロソフトに売却したのは記憶に新しいところです。

とはいえ、通信や携帯技術は優れており、近年ではスマートチャージャーなども発売しています。



フリースケール・セミコンダクター

Ticker:FSL
概要:車載などの組込み用半導体メーカー。

ワイヤレス給電レシーバICなども供給。



モービルアイ

Ticker:MBLY
概要:グーグルやアップル、ベンツにトヨタと、世界的な企業がしのぎを削る分野が自動運転車です。
自動運転車の目ともいえるカメラ部分のエンジニアリングで注目の企業がこのモービルアイです。
@menu@

@f@モービルアイとは?@fE@
自動運転車(ADAS)のカメラや画像認識ソ...



アップル

Ticker:AAPL
概要:パソコン、コミュニケーション機器等の製造販売。

カリスマ経営者スティーブジョブズのもと、PCメイカーからスマホメイカーへ躍進。

時価総額でも上位の大企業へと成長しました。



アルファベット(グーグルクラスA)

Ticker:GOOGL
概要:サーチエンジン企業。

ロボットやスマホのアンドロイド、自動運手車、スマート機器のネストラボなど様々な分野へ先行投資しています。

シンギュラリティ提唱者のレイカーツワイルが入社しており、ディープマインドやフラッターなどのAIやロボットの関連企業を買収しています。
@m...



エヌビディア

Ticker:NVDA
概要:ゲーム機器用半導体メーカー。
ゲームではどんどんビジュアルが進化しており、それに伴ってグラフィックカードの需要も大きくなりました。
エヌビディアはグラフィックカード分野では、まさにトップブランド。

近年では自動運転車むけの半導体開発にも精力的です。


@...



テスラ・モーターズ

Ticker:TSLA
概要:シリコンバレーの電気自動車メーカー。

スティーブンジョブズ亡き後、もっともカリスマに近い経営者の一人とされるイーロンマスクによって2003年創業されました。

電気自動車にありがちだったデザインのだささや走行距離の短さという問題にあえて挑戦。そのスタイリッシュな電気自動車は...



NXPセミコンダクターズ

Ticker:NXPI
概要:ナスダック上場の半導体メイカー。



アイサンテクノロジー

Ticker:4667
概要:測量、土木ソフト開発を行っています。

名古屋でZMPや名古屋大学の連携した自動車の自動運転の公道実証実験に取り組んでいます。



注目記事

このサイトはネット上の情報を参考に再構成したものです。 情報が古くなっている場合などもありますのであらかじめご了承のうえ 参考程度に参照ください。
紹介している個別銘柄につきましては、内容の正確性や株価の上昇を保証するものではありません。 また記事内容によりユーザが被った損害や損失などについて、 一切の責任を負わないものとします。 詳細は利用規約をお読みください。