困ったー[株編]
【株式】パワードスーツ関連銘柄

【株式】パワードスーツ関連銘柄


更新日:2018/04/11 09:18
文字の目安:3323
パワードスーツに関連した銘柄紹介します。パワードスーツは、エクソスケルトンやロボットスーツ、外骨格や歩行用ウェアラブルスーツなどいろんな言い方をされます。
体に装着し、負担を軽減したりします。高齢化や労働力不足対策としても注目されます。




 
 

1 パワードスーツとは?

http://www.flickr.com/photos/22734514@N06/2185194005
photo by ZenFlow
エクソスケルトンやロボットスーツとも呼ばれます。
 
一般的には着用することで歩行困難者の歩行を支援する機器を指します。
 
着用して、重い重量でも運べるように運動を強化してくれる場合もあります。
 
 
 
映画「エイリアン2」では、人間がロボットのボディを装着し、軍事ミッションをする姿が描かれました。
 
www.youtube.com
 
映画「マトリックス3」では、人間が操縦する人型コンバットロボットが登場しています。
 
www.youtube.com
 
このように映画の世界では、利用シーンが既にイメージ化されています。
 
後は現実の世界がどれだけ早く追いつくのか、期待されるところです。
 
 
 
 

2 パワードスーツ関連銘柄は?

 
パワードスーツを製造・販売する企業です。
 
まだまだ高価になるでしょうから、レンタルで利用してもらう場合も多いのではないでしょうか。
 

サイバーダイン 7779

代表的な会社は、国内企業ではなんといってもマザーズに上場した「サイバーダイン」でしょう。
 
全国的な保守でオムロンと提携。今後ますます利用拡大が期待されます。



クボタ 6326

農機具大手のクボタは農作業の負担軽減用のパワードスーツを販売しています。

 
 

パナソニック 6752

家電大手のパナソニックは、廉価なパワードスーツの発売するとして話題となりました。

 
 
 
未上場では、アクティブリンクが労働支援のためのパワードスーツを開発しています。
http://activelink.co.jp/ >>
 
 
海外ではイスラエルのベンチャー「リウォークロボティクス」があります。
 
FDAが認可していることもあって、こちらもパワードスーツの利用拡大が期待されています。
 
産業ロボット大手の安川電機が出資しています。
 
 

また、関連して部品会社に注目が集まるかもしれません。

パワースーツにフィットした、小型・軽量・省電力なモーターや、軽量で強靭で安価な素材、加速度センサーなどを提供する会社は要注目です。
 
 
 

3 パワースーツを活用する業種は?

パワースーツを利用することで、経費や労力を削減するであろうケースをまとめてみました。

介護業

介護では、今後大幅な人で不足が予想されています。
 
お年寄りを持ち上げたり、抱えてあげたり、移動を促すのは、とても人手のかかる作業です。
 
パワードスーツを使うことで、お年寄りの介護をもっとスムーズにこなすようになるかもしれません。
 
また、お年寄りがパワードスーツを付けることで、楽に歩けるようになるかもしれません。
 
 

医療

サイバーダインが、パワードスーツを厚労省に医療機器として申請しています。
 
歩行に困難を伴う難病患者さんへの利用を促進していきます。
 
今後は、脳卒中や脊髄損傷の患者さんなども利用できるかもしれません。
 
 

建設業

建設業も人で不足が予想される業界です。
 
パワードスーツを使うことで、女性でも男子顔負けの肉体労働をやってのけることが可能になるかもしれません。
 
 

農業・漁業・林業

農業のような一次産業は特に人手を使います。高齢化が進んでいる業界ですから、このようなテクノロジーをどんどん活用していくかもしれません。
 
すでにクボタがアシストスーツを販売しています。
 
 

運送・倉庫

パワードスーツを使うことで、倉庫での搬入・搬送作業の負担軽減や効率化ができるかもしれません。
 
 

清掃・廃棄処理

「産業廃棄物の処理」や「がれきの撤去」などの力仕事は、パワードスーツの得意な領域といえるかもしれません。
 
 

軍事・警備

先に挙げた「エイリアン」や「マトリックス」の例でもわかるように、パワードスーツは軍事用としても威力を発揮します。
 
非常に重い重火器を持ち運ぶ場合もあるでしょう。
 
 
国内では警備用として利用されるかもしれません。
 
がれきの山のなかを負傷者がいないか調べて回るよう、自衛隊がパワードスーツで活躍するかもしれません。
 
ブルドーザーやショベルカーでは、そもそも道が通れなくなると利用できません。
 



スポンサーリンク



注目記事

このサイトはネット上の情報を参考に再構成したものです。 情報が古くなっている場合などもありますのであらかじめご了承のうえ 参考程度に参照ください。
紹介している個別銘柄につきましては、内容の正確性や株価の上昇を保証するものではありません。 また記事内容によりユーザが被った損害や損失などについて、 一切の責任を負わないものとします。 詳細は利用規約をお読みください。