シニア・トレーダー「チャン高橋」公式サイト >> 「シニアトレーダー」ブログ

【株式】2022年とら年相場 上がる?下がる?



【株式】2022年とら年相場 上がる?下がる?
投稿日:2022/06/23 08:40
更新日:2022/06/23 08:40
文字の目安:6124

     
こんにちは、ネットの皆さん。「チャン高橋」です。 僕はウォール街で裁定取引専門のヘッジファンドにいたこともないですし、 モーニングサテライトに出演したこともないごくごく普通のトレーダーです。

アメリカ株や中国株、インド株、FXを主にプレイしています。

このサイトでは、僕がビビビ!っときた経済情報や銘柄情報を紹介します。


2022年はとら年になります。「寅(とら)千里を走り」とされ株式市場は良好な感もあります。果たして相場はどうなるのでしょうか。


1 とら年と相場は?


Australia Zoo Tigar and Tongue-1=
相場の格言では、「辰巳(たつみ)天井、午(うま)尻下がり、未(ひつじ)辛抱、申(さる)酉(とり)騒ぐ、戌(いぬ)笑い、亥(い)固まる、子(ね)は繁栄、丑(うし)はつまづき、寅(とら)千里を走り、卯(うさぎ)は跳ねる。」とあります。
 
寅(とら)千里を走り」とあり、非常によさそうな印象はあります。
 

過去のとら年相場は?


過去の寅年をみてみると、
  • 2010年 10,654.79     → 10,228.92円(-3%

  • 1998年 14,956.84     → 13,842.17円(-7%

  • 1986年 13,136.87     → 18,701.30円(42%)

  • 1974年 4,259.20 → 3,817.22円(-10%

  • 1962年 1,425.30 → 1,420.43円(0.3%)

バブル真っ盛りの1986年を除いてあまりパフォーマンスはよくないです。
 
はたして新政権が大型財政・金融緩和で大バブルを起こせるかどうか、その手腕がとわれるところかもしれません。
 
 
上がるかどうかは確実なことはいいきれません。
しかし、上がる場合の条件、下がる場合の条件を知っておけば対処しやすくなると思います。
 
 

2 2022年株式が上がる場合は?


Tigar
 

大型インフラ投資


バイデン政権では、インフラ整備に5年間で総額約1兆ドル(約110兆円)を充てる政策を進めています。
 
すでに上院を通過し、下院での審議となります。
米上院、110兆円インフラ法案可決 バイデン氏「団結」の成果:時事ドットコム (jiji.com)
 
コロナの変異種などでコロナからの復活が予想よりも遅れた...としても、大型の財政が出動されており、景況感へのダメージが少なく済むかもしれません。
 

金融緩和の継続


コロナ禍ではじまった大型の金融緩和。景気がよくなるにつれて緩和状態の停止へと舵が切られます。
 
といってもテーパリングがやっとはじまり、買取資産額を減らしていくという段階です。利上げはまだ先ですし、緩和状態が続いている以上、なかなか市場が暴落するとは考えにくいです。
 

中国共産党全国代表大会開催


中国共産党全国代表大会は5年に一度開催されます。
2022年には、中国共産党全国代表大会が開催。習さんがいよいよ3期目に入り、長期政権を固めるのかが注目されます。
 
中国共産党全国代表大会の過去は比較的パフォーマンスは良好です。
2002年の終値 1357.654053    -17.5%
2007年の終値 5261.560059    96.7%
2012年の終値 2269.12793    3.2%
2017年の終値 3307.172119    6.6%
 
3期目は異例のことですから、景気対策を相次いでうって不平不満が出ないようにしてくる可能性があり、そうなれば株式市場もいいパフォーマンスになるでしょう。
kabukahaitou.com
 
 

3 2022年株式が下がる場合は?


Leg Pillow
 

インフレ、スタグフレーション


インフレ傾向が強いですが、FRBなどは一過性のものとしてとらえています。しかしFRBの予想を超えてエネルギー、不動産、自動車などの市場が上昇を続ける可能性も排除できません。
 

バイデンショック


アフガニスタン撤退やコロナからの回復の遅れなどでバイデン政権の支持率は下がり気味となっています。
 
可能性は低いですが、高齢のバイデンさんが健康問題から執務続行できなくなる...ということもあるかもしれません。
 
その場合にはカマラハリスさんへバトンタッチになりますが、カマラさんの手腕は未知数。そのため、株式市場も激しく動揺する可能性はあります。
 

アメリカ中間選挙


また大統領サイクルでは2年目のパフォーマンスはそれほど高くなく(といって統計的には1年目といっしょぐらいですが)、特に中間選挙前は上昇しない時期が続く可能性は大きいようです。
http://www.hussmanfunds.com/rsi/prescycle.htm
 

FRB議長のジンクス


パウエル議長は2022年2月に任期を迎えます。
イエレン財務長官、FRB議長再任を支持か 米報道: 日本経済新聞 (nikkei.com)
 
FRB議長がかわるときに歴史的にも大きなショックが起きやすいとされています。
1976年のボルカーさんの時は、第二次石油ショックの影響で米国の物価上昇率は10%にもなりました。
 
1987年のグリーンスパンのときはおなじみブラックマンデー。
 
2006年はバーナンキ。このころは2008年サブプライムローンショックへ向けて燃料が投下されていたころ合いでしょうか。
 
2014年からはイエレン。2018年からはボルカー。 
 
果たして今回ボルカーから変わるのか、FRBショックは起きるのか。。。
 
(更新 2021/11/24)
パうウェルさん留年留任となりました。
 

共同富裕


2021年中国では「共同富裕」というスローガンのもと、企業に対して厳しい姿勢を見せています。
 
格差是正という観点では評価できるのかもしれませんが、企業活動の萎縮へつながる可能性もありその動向が注視されます。
 
 

増税ラッシュ?


イギリスではコロナによる財政悪化などの影響で、国民保険料が1.25%分上乗せとなります。
 
コロナについてはワクチン接種によって死亡者数・重症化が軽減されることである程度の社会正常化が進む可能性があります。
 
そうなれば大型支出で悪化した財政の回復のためあいついで増税が実施されることになるでしょう。そうなれば消費への悪影響が予想されます。
イギリス政府が増税発表「医療・介護にあてるため」コロナの影響も|TBS NEWS
 
日本では、岸田政権は財務省よりといわれています。もし2022年参議院選挙で大勝すれば、2024年までは安定的な政治運営となり、金融課税などの増税路線をとるかもしれません。
 

ウクライナ、台湾情勢


ウクライナをめぐってNATOとロシアが、台湾をめぐって米中の対立が強まりつつあります。
 
ロシアについては2022年1月末までにはウクライナ近辺の軍力強化が完了するとの見方もあります。
 
中国は2月には冬のオリンピックが終わります。ソチオリンピック後にクリミアを奪取したロシアのような行動をとるのではと懸念する向きもあります。
 
これら国際情勢の推移によっては株式市場へ大きな影響があるかもしれません。
 
 

新変異種


2021年12月は各国でオミクロン株への懸念が広がっています。
 
これがうまく収まったとしても、今後新たな変異種が起きるたびに振り回されるという嫌なシナリオは残ったままです。



ニュース



注目記事
【IPO株】2016年、注目のおすすめ国内IPO銘柄
(2022 08 15)
国内IPOで注目銘柄を紹介します。2016年度版です。 選定基準は、自社プロダクツを主力商品としている、オーナー社長である、時流にのっている...などです。受...

狼牙ヘニパウイルスとは?ワクチンは?
(2022 08 14)
コロナの爆発的な感染以降、せっかくおさまったとしても次のウィルスが出て来ると困ってしまいます。 ところが海外では「サル痘」や「ポリオウィルス」など、新規の感染...

【IPO株】2017年、注目のおすすめ国内IPO銘柄
(2022 08 14)
国内IPOで注目銘柄を紹介します。2018年度版です。 選定基準は、自社プロダクツを主力商品としている、オーナー社長である、時流にのっている...などです。受...





注目記事
【株式】株価が100倍ですが何か?(100バガー)
(2014 11 04)
株価が10倍になるだけでもすごいのに、株価が100倍になった銘柄もあります。 テンバガーならぬ「百バガー」といえるすごい銘柄です。 仕手株などで無理やり上が...

【アメリカ株】アメリカ株初心者おすすめ銘柄
(2014 10 21)
アメリカ株初心者の方に、わかりやすい銘柄を集めてみました。 アメリカ株は、ディズニーやナイキ、フェイスブックなど、日本でも知名度が高い会社も多く、投資しやすい...

【株式】資産が億超えした人たちの投資方法
(2014 10 22)
少ない元手から成り上がったカリスマさんなどの投資方法についてリストアップしてみました。人によってずいぶん投資スタイルが違うものです。自分にあったパターンを探して...





このサイトはネット上の情報を参考に再構成したものです。 情報が古くなっている場合などもありますのであらかじめご了承のうえ 参考程度に参照ください。
紹介している個別銘柄につきましては、内容の正確性や株価の上昇を保証するものではありません。 また記事内容によりユーザが被った損害や損失などについて、 一切の責任を負わないものとします。 詳細は利用規約をお読みください。