困ったー[株編]
【株式】ユニコーン銘柄とは?

【株式】ユニコーン銘柄とは?


投稿日:2015/12/15 10:01
更新日:2018/05/14 11:15
文字の目安:3838
ユニコーン企業はベンチャーで10億ドル以上。
日本円で1000億円以上の評価額を受けている企業を指します。
海外ではフェイスブックやツイッターなどが有名です。
最近ではウーバーやエアビーアンドビーなども含まれます。




 
 

1 1000億円企業ってどのぐらい?

unicorn
unicorn / EmreAyar

ユニコーン企業とはベンチャーでありながら1000億円以上の評価額を受けている企業を指します。

時価総額1000億円といわれても、大きすぎてピンときません。

日本では
・熊谷組
・東洋紡
・オートバックス
・クックパッド
・ゼンショー
・カドカワドワンゴ
...などがあります。
参考:http://fortune.rou5.info/MarketCapRanking/market_cap12.html

ユニコーン企業のなかでは、フェイスブックやドロップボックスのように上場を果たす企業も出ています。

一方、知名度のあるウーバーやコインベースなどは、ユニコーン企業でありながらまだ未上場となっています。

 
 

2 未上場のユニコーンは?

La Germania blocca Uber, i vip vanno a piedi
La Germania blocca Uber, i vip vanno a piedi / automobileitalia

時価評価額が1000億円以上のものがユニコーン企業です。

未上場のものもありますが、投資額の評価がすでに1000億円以上とされている企業もあります。

ウーバー

運転手のマッチングサービスを提供する大手。

ユニコーンの代表格でもあり、690億ドル、7兆円以上の評価を受けています。

ただしCEOにまつわるごたごたが多く、最近はトラブル続きの印象もあります。


ロビンフット

手数料ゼロで株式投資ができるサービスを提供しています。

今流行の仮想通貨も手数料無料として、こちらでも急速に顧客数を拡大しています。

2018年3月では56億ドル、約6000億円弱まで成長しています。

ビジネスモデルについては以下参照ください。
ロビンフットのビジネスモデルは? >>


コインベース

コインチェックがハッキングされた被害額を補てん。

マネックスグループ入りしましたが、その際に売上等のデータが一部公開され、改めてビットコイン関連の収益の巨大さがわかることとなりました。

で、アメリカのビットコイン取引では大手なのがこのコインベース。

2018年には自社の時価総額を約8500億円と算定しており、多少金額が前後するとしても1000億円は優に超える企業へと成長しています。

 


3 フェイスブック

Facebook
Facebook / Sarah.Marshall

ザッカーバーグ率いる世界最大のSNS企業。
 
上場後はバリエーションの低下に苦しみましたが、オキュラスリフト、インスタグラム、ホワッツアップなどを積極的に買収。スマホ市場への対応が成功し、株価を大きく反転させました。

 


4 ジンガ

Best HD Farmville 2 new facebook cover
Best HD Farmville 2 new facebook cover / Tatiana_0000

フェイスブック上のフリーカジュアルゲームで急成長、大躍進を遂げたゲーム企業。
 
しかし成功しすぎた故に?スマホマーケットでは大きなシェアをトルコに失敗。一方フェイスブックをプラットフォームとしたゲーム市場も踊り場となったため、現在は低迷中です。



 

5 スクエア

ツイッターのジャックドーシーによる決済企業。
 
スマホをカードの決済端末にする事業で急成長。無事IPOまでたどりつきました。
 
しかし、決済手数料の安さで拡大したがゆえに、事業の利益率などには問題がないわけではありません。
 
利益率をどう向上させていくかは同社の課題です。
参考:http://techcrunch.com/unicorn-leaderboard/exited/ >>

たたし利益率の改善に伴って同社株価は大きく上昇していきました。




6 ドロップボックス

Dropbox
Dropbox / IN 30 MINUTES Guides

クラウドストレージを提供する企業です。

強みはなんといっても5億人を超えるというワールドワイドなユーザ数や知名度でしょう。

他の企業に比べると遅くなりましたが2018年にいよいよIPOを行います。

アメリカ株


スポンサーリンク



注目記事

このサイトはネット上の情報を参考に再構成したものです。 情報が古くなっている場合などもありますのであらかじめご了承のうえ 参考程度に参照ください。
紹介している個別銘柄につきましては、内容の正確性や株価の上昇を保証するものではありません。 また記事内容によりユーザが被った損害や損失などについて、 一切の責任を負わないものとします。 詳細は利用規約をお読みください。