困ったー[株編]
【アメリカ株】ウォルマートだけじゃない!アメリカのデフレ銘柄

【アメリカ株】ウォルマートだけじゃない!アメリカのデフレ銘柄


投稿日:2015/03/21 14:57
更新日:2018/06/08 09:14
文字の目安:2579
アメリカでも消費は2極化。
経済が戻り基調といわれていますが、それでもディスカウントチェーンは人気です。
 ディスカウントといえばウォルマートやコストコが有名ですが、それ以外にも元気なディスカウントチェーンがアメリカには多数あります。




 
 
 

1 なぜディスカウントストアか

http://www.flickr.com/photos/45152500@N00/6243215134
photo by ubrayj02
日本でもユニクロ、しまむらやダイソーなどが大人気です。
 
景気が回復しつつあるアメリカでも、1ドルショップをはじめディスカウント店は人気です。
 
 
 
どちらの国も中間層がなかなか復活しないのは、賃金が伸びなくなったことが影響しているのでしょう。
 
ピケティ教授も、賃金は伸びない一方、資産がある人は資産上昇分だけ有利となり、ますます格差は拡大すると論破しています。
 
となると、アメリカといえどディスカウントチェーンの成長には期待できるというわけです。
 
 
ヘッジファンド・マネジャー、ジム・クレイマーさんはアメリカのメガトレンドの一つとしてこのようなディスカウント消費を取り上げています。
 
 
こうした時代の流れで、大手百貨店のメイシーズもオフプライス(安売り)市場に参入。
 
激安店間の競争は今後激しくなりそうです。
 
 
 
 
 

2 注目のディスカウントストア TJマックス

ジム・クレイマーさんは、ディスカウント銘柄のなかではTJXを推奨しています。
 
日本での知名度はないように思いますすが、TJマックスというディスカウントストアが大人気です。
 
人気ブランドが安く買えます。
 
お店は質実剛健?ですが、いいものを安く買えるのであれば関係ありません。
 

Recycling the Giant / Random Retail

 
CEOは、キャロル・メイロウィッツさんで女性の方です。
 
やはりこのようなアパレルディスカウンターは、女性のほうが適職なのかもしれません。
 
 
 
 
 
 

3 注目のディスカウントストア ロスストア

TJマックスと似たような株価の動きなのがロスストア。
 
キャッチコピーは「ドレス・フォー・レス(ドレスを少ない価格で)」。
 
こちらも日本での知名度はあまりなし。
 
とはいえ、アパレルディスカウントに強く、20-60%ディスカウントで提供しています。
 
下のビデオなんか見ると、ずいぶん安そうです。
 
www.youtube.com
 
こちらも女性にとってはありがたいストアです。
 


 

アメリカ株の買い方などの基本的な情報はこちらを参照ください。

アメリカ株


スポンサーリンク



注目記事

このサイトはネット上の情報を参考に再構成したものです。 情報が古くなっている場合などもありますのであらかじめご了承のうえ 参考程度に参照ください。
紹介している個別銘柄につきましては、内容の正確性や株価の上昇を保証するものではありません。 また記事内容によりユーザが被った損害や損失などについて、 一切の責任を負わないものとします。 詳細は利用規約をお読みください。