困ったー[米株部]


困ったー[米株部] >> 「困ったー株部」ブログ

【コロナ恐慌】2020年、今後の3つのシナリオ



【コロナ恐慌】2020年、今後の3つのシナリオ
投稿日:2020/03/05 10:16
更新日:2020/05/26 08:48
文字の目安:2850
コロナウィルスはV字回復という見方から長期にわたる戦いまでいろいろな見方があります。ここでは自分の頭を整理するために、いいシナリオ悪いシナリオを整理しておきます。特に悪いシナリオでは、コロナで弱っている経済に温暖化による異常気象(水不足、食料不足)が追い打ちをかけるというものです。

スポンサーリンク



1 シナリオ1:V字回復、ダウ3万ドルへ


Cheers. / _Fidelio_

春先というのに日本、ヨーロッパ、アメリカなどで感染者増加への不安はまだまだ続いていました。

しかし中国では4月で終息への目途がたったことで一気にムードは転換します。

迅速な検査方法の確立や治療薬やワクチンにも目途がたったこと、最終集計では致死率は意外に低いことが判明したことなどから、警戒しすぎではないかという空気となります。

オリンピックは無事開催され、日本では予想より多いメダル獲得となり元気なニュースが増加。

一方アメリカではトランプがバイデンをやぶり、景気のさらなる拡大期待で株価はいよいよダウ3万ナスダック1万を突破。

おまけにビットコインすら新高値を更新するメモリアルな1年となりました。

不景気で値下がりしていた石油株、航空株、観光株を買っていた投資家は、リバウンドの恩恵をフルに享受。

楽しい楽しいクリスマスとなったのでした。

(更新 2020/4/25)
アメリカで抗体検査が実施された結果、公表値の約10倍であることが発表されました。

予想外に感染が広がっているわけですが、抗体を持っている人が一定比率存在することで感染拡大を防げるという可能性も出てきました。

今後は抗体検査の動向で明るい材料が出てきたりするかもしれません。

(更新 2020/5/26)
8割おじさんこと西浦教授によれば、集団感染は60%よりも実際には少ない数値で達成されるかも...と述べております。

これが事実なら、予想よりも収まる時期が早くなる可能性がでてきました。
https://toyokeizai.net/articles/amp/352503



2 シナリオ2:コロナ不安で横ばい


The most terrible poverty... / RenaudPhoto

治療法の確立には時間がかかるため、コロナとの戦いは長期にわたることになります。

しかし消費不況への反動から自粛ムードはややいきすぎだとの声も強まります。

オリンピックはなんとか開催となり、明るいニュースも出てきます。


とはいえ、サプライチェーンの分断や渡航規制などの影響から経済はすぐには上向きません。

ダウ、日経平均も年初価格よりは10%程度下落で年末を迎えることになります。

高くなれば売り、安くなれば買うというシンプルなスイングトレードを得意とする投資家さんや、株のディフェンシブへのローテーション(高配当株、ヘルスケア,公益など)といったトレンドにうまくのれた人にはいい1年でした。



3 シナリオ3:コロナ+オリンピック中止+異常気象 = 世界不況


Depression / Ryan_M651

日本、ヨーロッパ、アメリカで検査が拡大するにつれて、あまりの感染者数の多さに世界中が真っ青となります。

イベント自粛はもちろんのこと、渡航者や貿易制限が強まり、食品から工業部品までいろんなものが停滞。結果値上がり圧力が強まります。


感染拡大で日本ではオリンピックが正式に中止となることが発表。自粛モードにともなう倒産数は、それを受けてさらに跳ね上がります。


OYOやWeWorkでずっこけたソフトバンクや、自動車需要の減退でテスラなど、今まで相場で人気銘柄にあいついで信用不安の話が増大。


また、おりからの温暖化で、日本では水不足が直撃。

イナゴ被害はインドへ拡大し、中国では蛾が大量発生。アフリカやアジアでの食料不足の不安が増加。食料不足から食品は大幅インフレとなる一方で経済はシュリンクへ。


コロナは収束しないうえに、異常気象や国際情勢を追い打ちをかけた結果、ダウや日経平均は大幅下落。いよいよ大恐慌に匹敵するようなリセッションがはじまることになります。

空売り為替の円高ゴールドなどにかけていた投資家さんにとってはまことにおいしい1年になりました。

コロナ不況


スポンサーリンク




注目記事
【コロナ恐慌】2/27ダウ1190ドル暴落でも上げたアメリカ株は?
(2020 02 28)
2020年2月27日のダウはさらに1000ドルを超す値下げ幅となりました。連日の大幅な下げはアメリカ株投資家にとってはかなりこたえる事態となっています。 果た...

Visit
【コロナ恐慌】3/9 オイル暴落30ドルに!で上がった銘柄
(2020 03 09)
2020/3/9はアメリカでのコロナ拡大、あいつぐ非常事態宣言の発動、そして悪材料の中週明けということで日経平均はさらに大きく値を下げました。 さらに注目され...

Visit
【コロナ恐慌】アフターコロナ 3つのシナリオ
(2020 04 06)
以前コロナショックでは3つのシナリオについて想定しておきました。ここではコロナが収束に向かった場合にどのようなシナリオがあるのか、こちらも3つほど想定してみまし...

Visit
【コロナ恐慌】銀行・保険・証券会社への影響は?対策は?
(2020 04 26)
コロナショックで、多くの小売や飲食、運輸と観光は大打撃を受けました。 本格的な不況へ発展した場合、金融業への影響も無視できないでしょう。 ここでは、銀行・保...

Visit
【コロナ恐慌】国防生産法適用の会社は?
(2020 04 03)
アメリカでコロナ感染が拡大するとともに、国防生産法が適用されます。これは国家が必要な品目の生産を企業に命令できるというものです。戦時では軍需品でしょうが、現在は...

Visit

このサイトはネット上の情報を参考に再構成したものです。 情報が古くなっている場合などもありますのであらかじめご了承のうえ 参考程度に参照ください。
紹介している個別銘柄につきましては、内容の正確性や株価の上昇を保証するものではありません。 また記事内容によりユーザが被った損害や損失などについて、 一切の責任を負わないものとします。 詳細は利用規約をお読みください。