困ったー[株編]
おすすめ

20xx年問題
2030年問題

2030年問題


将来起きるかもしれないいろんな業種や出来事の問題を、年代別にまとめてみました。ここでは、2030年に確実に起きることから、この年に問題となる可能性が高い出来事まで紹介いたします。


2030年 聖徳太子の予言で、人類滅亡する

2030年 全ての仕事の50%が消滅する

2030年 現在の50%の職がなくなる

2030年 ドローン数が増加する

2030年 日本経済がどん底になる

2030年 アフリカの農業が100兆円規模になる

2030年 6人に1人がひとり暮らしになる

2030年 スマートシティの市場規模が1千兆円になる

2030年 医療治療でナノボットが使われる

2030年 北極点から氷が消える

2030年 中国の人口構造が逆ピラミッドになる

2030年 中国、インドが投資大国になる

2030年 中国のタイトガス生産が拡大する

2030年 サウジアラビアに原発が16基できる

2030年 アフリカの小売業が130兆円規模になる

2030年 世界の中流階級は、49億人になる

2030年 エイズが治まる

2030年 iPS細胞市場規模が1.6兆円規模になる

2030年 EV市場規模が307万台になる

2030年 世界でがんが75%増える

2030年 世界の識字率100%になる

2030年 「うつ」が世界を席巻する

2030年 インドネシア経済が世界第六位以内になる

2030年 藻から油が実用化になる

2030年 ヨーロッパの労働者が500万人減少する

2030年 中国の石油輸入が8割になる

2030年 FCVs(燃料電池車)の市場規模が7兆円になる

2030年 国内原発がフェードアウトする

2030年 ピークチャイルドとなり、人類の成長が止まる

2030年 アマゾンが巨大な製造・決済・物流コングロマリットになる

2030年 肥満人口が倍増する

2030年 北海道で金環日食になる

2030年 アメリカ人の4割が肥満になる

2030年 世界の65歳以上の人口が10億人になる

2030年 垂直農場で野菜も肉も栽培される

2030年 世界の成長がピークになる

2030年 NASAが人間を火星に送り込む

2030年 カナダ、月へ有人飛行を実現させる

2030年 トルコからクルジスタンが独立する

2030年 アメリカでも高齢化が進む




[当サイトの情報について]
  • このサイト情報は、ネットや書籍などを参考に収集したものです。情報源についてはソースのリンクを参照ください。
  • 転記間違えや情報の利用制限の場合は、お問い合わせよりお知らせください。
  • このページの情報は予測・推測を含み、その正確性を保証するものではありません。

    sponsored:

    おすすめ

    FB