株の王子さま

注目記事

ティッカー:

アルファベット(グーグルクラスA)の株価



公式サイト: http://www.google.com
ティッカー:GOOGL
名前:Google Inc.
業種:ソフトウェア
楽天証券での取り扱い:あり
SBI証券での取り扱い:-



スポンサーリンク


サーチエンジン企業。

ロボットやスマホのアンドロイド、自動運手車、スマート機器のネストラボなど様々な分野へ先行投資しています。

シンギュラリティ提唱者のレイカーツワイルが入社しており、ディープマインドやフラッターなどのAIやロボットの関連企業を買収しています。


スポンサーリンク




アルファベットとは?

今やスマホではアンドロイド、パソコンでもグーグル検索やクロームブラウザーと、多くの人が毎日使っているサービスを提供しているグーグル。

一方では、ロボット事業や自動運転車企業、スマートホーム企業やライフサイエンス、人工知能などの多くの新分野へも挑戦しています。



2015年にグーグルは、社名をアルファベットへ変更しました。創業者のラリーペイジがCEOとなり、グーグル自体はCEOがサンダー・ピチャイさんとなっています。



アルファベットは買い?売り?

アルファベットの大きな問題の一つは新規事業でしょう。

グーグルからアルファベットへと社名が変更されましたが、いまだにグーグルの検索事業頼みという収益構造は変わっていません。

ただし新規事業にもかなり苦戦している様子がうかがわれます。例えば、事業買収したロボットの会社「ボストンダイナミクス」についてはトヨタの研究所へ売却するようです。

自動運転車についても、当初の壮大なプランから後退。

人材の流出も問題の一つで、アンドロイドの生みの親であるルービンさんなども流出しています。

最近では音声コンピュータの分野でアマゾンエコーに先行されるなど、グーグルらしさも影を潜めている印象があります。(対抗商品としてその後グーグルホームを発売しています)



残念ながら記事執筆時点では、新規事業が躍進し、株価は1000ドルを超えるだろうと断言できるほどでもないかもしれません。

ちなみに現在のPEは約30倍。


この株が注目の理由



アルファベット(グーグルクラスA)の最新ニュース



スポンサーリンク


最近チェックした銘柄


注意事項

  • 配当、チャート等は米国ヤフーのAPIを使用しております。 当サイトがその即時性・正確性を保証するものではありません
  • 配当の数値は、業績や株価変動、株価分割の影響などで過大に表示される場合があります。
  • 配当、各証券での取り扱いなど、本ページ内での情報は変更されている場合があります。
    データは一定期間で更新されますが、正確な最新の数値を確認される場合には、各社ホームページ・IRサイト等でご確認ください。

    おすすめ

    Twitter
    FB
    Pocket
    はてブ