困ったー[株編]
おすすめ

エヌビディア(NVDA)の株価・配当・評判

エヌビディア(NVDA)の株価・配当・評判


ナスダックに上場している海外株の銘柄、エヌビディア(NVDA)の株価・配当・評判・チャート・最新ニュースから、国内証券での取り扱いまで紹介します。ゲーム機器用半導体メーカー。ゲームではどんどんビジュアルが進化しており、それに伴ってグラフィックカードの需要も大きくなりました。エヌビディアはグラフィックカード分野では、まさにトップブランド。近年では自動運転車むけの半導体開発にも精力的です。@menu@@f@エヌビディアとは@fE@1993年に設立されたメーカーであり、歴史は結構長いです。しかし当時より徐々にゲームが2Dのドットから3Dでの自由視...



ティッカー:

エヌビディアの株価



公式サイト: http://www.nvidia.com
ティッカー:NVDA
名前:NVIDIA Corporation
業種:半導体関連
楽天証券での取り扱い:あり
SBI証券での取り扱い:あり


ゲーム機器用半導体メーカー。
ゲームではどんどんビジュアルが進化しており、それに伴ってグラフィックカードの需要も大きくなりました。
エヌビディアはグラフィックカード分野では、まさにトップブランド。

近年では自動運転車むけの半導体開発にも精力的です。




スポンサーリンク



エヌビディアとは

1993年に設立されたメーカーであり、歴史は結構長いです。
しかし当時より徐々にゲームが2Dのドットから3Dでの自由視点型ゲームが勃興。
それに伴って、より高性能なビジュアル表現力を持ったグラフィックカードやチップが求められるようになっていました。

エヌビディアでは「GeForce」シリーズなどのヒット作で、ゲーマーの多くから支持を受けています。
例えば人気ゲームサイト「スチーム」で、ユーザの使っているグラフィックカードをアンケートしてみると、やはりエヌビディアのものが一番人気となっています。


人工知能銘柄

ゲームでの3D描画などを高速で演算するチップに尽力していたエヌビディアですが、近年では人が運転しなくても自動で操作できる自動車向けチップなどに意欲的に取り組んでいます。

この分野では、センサーやGPS、クラウドからの大量のデータをリアルタイムで処理する必要があります。そのため、高速演算可能なチップはまさに必需品となります。

エヌビディアではこの分野へ積極的に技術開発を進めています。

その結果を受けて、株価は短期間に3倍になるほどの人気を博しました。


エヌビディアは買い?

今後、人工知能に関連した分野(自動運転も含む)では、より大量の情報を高速で処理しないといけません。

そのためのチップでは、各社しのぎを削っていますが、いまのところエヌビディアはいいかたちで市場から評価されているようです。

ただしこの分野の売り上げが生じるのは、まだ先でしょうからバリエーションの問題で現在買いかどうかはまだまだ不透明です。

執筆時のPEは約40倍であり、今後収益が伴ってくるのかは注意深く見守る必要があります。


この株が注目の理由



エヌビディアの最新ニュース

最近チェックした銘柄


注意事項

  • 配当、チャート等は米国ヤフーのAPIを使用しております。 当サイトがその即時性・正確性を保証するものではありません
  • 配当の数値は、業績や株価変動、株価分割の影響などで過大に表示される場合があります。
  • 配当、各証券での取り扱いなど、本ページ内での情報は変更されている場合があります。
    データは一定期間で更新されますが、正確な最新の数値を確認される場合には、各社ホームページ・IRサイト等でご確認ください。

    sponsored:

    おすすめ

    FB