当サイトではCookieを使用します。このサイトを利用するには「プライバシーポリシー」を確認・承諾のうえでご利用ください。


「チャン高橋」の世界恐慌ブログ >> 「チャン高橋」の世界恐慌ブログ

【ニュース】東芝 買収されたらどうなる?



【ニュース】東芝 買収されたらどうなる?
投稿日:2022/06/22 20:50
更新日:2022/11/25 08:27
文字の目安:5701

     
こんにちは、ネットの皆さん。「チャン高橋」です。

このサイトでは、僕がビビビ!っときた経済情報や銘柄情報を紹介します。


日本を代表する大企業であり、名門企業でもある「東芝」が買収提案を受けています。
なぜこんなに迷走しているのか、そして今後どのような展開をする可能性があるか、現状を分かりやすく解説していきます。


1 東芝が悪化している理由は?


TOSHIBA
TOSHIBA / chidorian

東芝といえば日本を代表する大企業の1つです。
 
手掛ける事業範囲は広範囲で、家電や半導体、さらには原子力などの大型設備まで網羅しています。
 
 
ただ原子力大手米国ウェスチングハウス買収が大失敗してしまい、大きく経営は傾きます。

2015年には粉飾決算が発覚。

2016年4~12月期連結決算では、米原発事業の損失は7125億円にもなりました。
Full Power!
Full Power! / Joe K Gage

 


経営が悪化し、再建を目指していますが、経営陣が迷走している感はあります。

2021年11月には3社へ分割する構想を発表します。

その数か月後には、分社を2分社へと訂正すると発表しています。


3月には網川さんが退陣し、島田さんが就任。その後の株主総会では分割計画の議案が否定されました。



現在は買収や会社の非公開化などをめぐって、まだ道筋が明確にはなっていません。
 




2 東芝の買収に関する経緯は?


TOSHIBA 真空圧力IHジャー炊飯器 炎匠炊き (5.5合炊き) グランブラック RC-10VSR(K)
現在の東芝の現在の筆頭株主は「エフィッシモ・キャピタル・マネジメント」という会社です。

「エフィッシモ・キャピタル・マネジメント」はシンガポール拠点の投資会社です。

旧村上ファンドの幹部であった高坂卓志氏ら3人がたちあげました。

川崎汽船、日産車体、ヤマダ電機など割安株を大量に購入するといった投資手法で知られています。

ただ村上ファンドほどは「モノ言う株主」としてアグレッシブではないようです。
東芝の筆頭株主 エフィッシモ・キャピタルとは何者か?! - |QUICK Money World -
東芝臨時総会で鮮烈な一撃、ベールに包まれた投資ファンドの素顔 - Bloomberg
 


「エフィッシモ・キャピタル・マネジメント」では、アメリカの投資ファンド「ベインキャピタル」が東芝に買収提案をした場合には協力する...としています。
東芝買収目指す米ファンドに 筆頭株主が協力表明|テレ朝news-テレビ朝日のニュースサイト (tv-asahi.co.jp)


今後、このファンドのTOBが行われるか、成功するかが東芝の先行きを占う注目点となります。
 


ちなみにエフィッシモの東芝株保有比率は9.9%程度です。
 
東芝の株主を見てみると外資も多いですから、どれだけ賛同を得られるかがポイントとなるでしょう。
 

 
(更新 2022/4/21)
東芝が「株式の非上場化を含めた企業価値向上策の提案」を受け付けるとしました。

実質的に買収提案を公募することになっています。

 
6月に予定される定時株主総会後に買収先の有力候補を絞り込みます。
 
これが買収される動きを加速させるものなのか、あるいは現在ある買収提案をつぶすための奇策なのか、現時点ではちょっとわかりません。
東芝が買収提案を「公募」…正式な募集しておらず、一部の大株主が不満(読売新聞オンライン) - Yahoo!ニュース
 
 

(更新2022/5/25)
官民ファンドの産業革新投資機構が東芝の買収を検討していることが判明しました。
 
東芝の場合、国防や重要インフラにかかわるケースがあり、官民ファンドなら理解は得られやすいでしょう。
投資機構、東芝買収を検討 官民ファンド(共同通信) - Yahoo!ニュース
 
 

(更新2022/6/28)
6月下旬に定時株主総会を開催し、外資ファンド2人を取締役に迎えることが承認されました。

取締役会の過半数がファンド関係者となり、ファンドに恣意的な行動がとられるのではないか、との懸念は拭いされません。

今回の判断に対し、東芝の社外取締役で弁護士の綿引万里子さんは辞任する異常な事態となりました。


(更新2022/9/19)
ブルームバーグや日経新聞の報道によれば、投資ファンドの日本産業パートナーズ(JIP)が大手企業へ出資を打診しているそうです。

中部電力、オリックス、JR東海など10社超の企業に、各社数十億~1000億円規模を要請しているとされています。


(更新2022/11/8)
JIPが約1兆円の出資の意向を東芝に打診しました。買収後は非上場化を目指すとしています。



 

3 東芝、買収されたらどうなる?


過去の日本の大手家電企業の買収といえばシャープ、パイオニアなどが有名です。
 
 

シャープの場合


Sharp HC-4600 Handheld PC (Windows CE 2.0)
Sharp HC-4600 Handheld PC (Windows CE 2.0) / blakespot

シャープの場合、台湾の鴻海精密工業傘下となったのちリストラ等を経て黒字企業として復活しています。

上場は維持されていますが、債務超過のため2部へ鞍替えされています。

東証1部へ復帰したのは2017年にになります。
シャープ、買収されて4年連続黒字。勢いを取り戻せるか? | bizSPA!フレッシュ
 
 

パイオニアの場合


pioneer 5.1 dvd player
pioneer 5.1 dvd player / osde8info

パイオニアの場合、アジア系ファンドが買収し上場は廃止となりました。

そのうえで、経営陣を刷新し、従業員のリストラが行われることとなりました。
 
ただし2022年現在、再上場はまだ実現できていません。
パイオニア、上場廃止へ アジア系ファンドが買収: 日本経済新聞 (nikkei.com)
 
 

東芝はどうなる?

 
現在は各種提案10件を検討。

うち8件は非上場を前提としたものだそうです。


おそらく東芝の場合には、投資会社に買収されるパイオニアの場合に近いものになるものと思われます。
 

社内の不良部門を切り離したりするなどして売り上げの確保やバランスシートをきれいに整理。数年後に再上場させるというのがメインシナリオでしょう。
 
 
 
ただし東芝の場合、エネルギー防衛といった国の要衝にかかわるセクターもあります。
 


たまたまテレビを見ていたら、東芝元幹部という人のインタビューが放送されていました。

その方が言うには、「福島の廃炉」といった事業も東芝がメインとなってやっているとのことです。

リストラで「原発の廃炉作業から撤退することが決まりました」...では、なかなか済ませられないと思います。



こうした事態を考慮すれば、官民ファンドのような国策ファンドが東芝を買収というのが一番ベストなシナリオではないかと思われます。



(更新 2022/11/25)
買収がまだまとまっていないにも関わらず、日本産業パートナーズ(JIP)では5年後の再上場を検討するシナリオを持っていることが報じられています。

買収に参加していない企業むけにアドバルーンを上げた....というところかもしれません。
https://www.nishinippon.co.jp/item/o/1018349/

ニュース



注目記事
【10倍株】フィギュアの壽屋さんがテンバガー達成!
(2022 11 17)
フィギュアやプラモデルの企画・製造・販売を行う壽屋さんがめでたくテンバガー(10倍株)となりました。 うちは不勉強でほとんどこの株を知らなかったのですが、熱狂...

【韓国】尹大統領の失言「この野郎ども」(動画あり)
(2022 09 22)
ウォン安やインフレ、大雨といったトラブル・苦労が続く韓国。 一方、尹大統領は支持率の低迷でただでさえ苦しい状況です。 そこに輪をかけて、失言したこと...

【米国株】がんムーンショットとは?関連銘柄は?
(2022 09 20)
バイデン政権ではがん検査を広く実施し、がん がんムーンショットとは? バイデン大統領では、今後25年間でがんによる死亡率を少な...





注目記事
【株式】株価が100倍ですが何か?(100バガー)
(2014 11 04)
株価が10倍になるだけでもすごいのに、株価が100倍になった銘柄もあります。 テンバガーならぬ「百バガー」といえるすごい銘柄です。 仕手株などで無理やり上が...

【アメリカ株】アメリカ株初心者おすすめ銘柄
(2014 10 21)
アメリカ株初心者の方に、わかりやすい銘柄を集めてみました。 アメリカ株は、ディズニーやナイキ、フェイスブックなど、日本でも知名度が高い会社も多く、投資しやすい...

【株式】資産が億超えした人たちの投資方法
(2014 10 22)
少ない元手から成り上がったカリスマさんなどの投資方法についてリストアップしてみました。人によってずいぶん投資スタイルが違うものです。自分にあったパターンを探して...





このサイトはネット上の情報を参考に再構成したものです。 情報が古くなっている場合などもありますのであらかじめご了承のうえ 参考程度に参照ください。
紹介している個別銘柄につきましては、内容の正確性や株価の上昇を保証するものではありません。 また記事内容によりユーザが被った損害や損失などについて、 一切の責任を負わないものとします。 詳細は利用規約をお読みください。